大人ニキビでできる赤みの治し方 | 原因を知って効果的な成分を補給しよう

ニキビの赤みとは?

赤ニキビができた女性

ぽつんと出来てしまった「赤ニキビ」、いわゆる白ニキビや黒ニキビと違って目立ちやすく、嫌ですよね。

 

 

赤ニキビは痛みやかゆみを伴うことも多いため、特に鼻の頭やこめかみなどに出来てしまうと時にはじんじんとした痛みが気になったり、かゆくてつい触ってしまったり、
勉強や仕事にも手がつかないなんてことも・・・

 

 

ここでは、多くの人を悩ませるそんな嫌な赤ニキビと、それに伴うニキビ跡について簡単にご説明していきます。

 

>>ニキビ跡赤みケア用人気コスメ一覧


そもそも赤ニキビとは?白ニキビ、黒ニキビとの違いって?

毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうことがニキビの主な原因ですが、まだこの「毛穴に皮脂が詰まった状態」は赤ニキビではなく白ニキビといわれています。白ニキビで詰まった皮脂が酸化することで黒ニキビへと変化し、アクネ菌が増殖、ついにあの赤ニキビへと変貌していくのです。

 

 

このとき、肌表面はアクネ菌が大量に繁殖し、炎症を起こし細胞が傷つきやすい状態です。すると、傷ついた肌を治す為、肌表面では血流が増えるのでニキビの出来た部分が赤くなる=赤ニキビとなっているんですね。

 

どうしてニキビ跡は赤くなるのか?

赤ニキビが治っても、ニキビ跡として赤みが残る事がありますが、これには主に2つの原因があります。

 

 

肌のターンオーバーが乱れてしまうため

 

ニキビの炎症が肌の深い部分にまでおよぶと、人間がもともと持っている肌のターンオーバー機能が乱れ、赤くなった皮膚がなかなか代謝されないという悪循環に陥ってしまうのです。そのため、ニキビ自体は治っているのに、ニキビ跡が赤くなってなかなか戻らないといった現象が起きます。

 

傷ついた血管による色素沈着の為

 

炎症が肌の深部におよぶと、肌の毛細血管も傷つき、肌表面下で血液が流れ出てしまいます。血液には「ヘモグロビン」という酸化によって変色する成分が含まれるため、色素沈着=消えないニキビ跡の赤みとなってしまうという訳でした。

 

 

赤ニキビとニキビ跡、どちらも傷ついた肌の血流に関係していたんですね。普段から赤ニキビに悩まされ、さらにその後のニキビ跡にも悩まされている方はまずはニキビ自体を防ぐために、適切な食事や睡眠、生活習慣の見直しを根気よく続けていきましょう。

 

赤ニキビはどうやってできるの?

気をつけていたつもりだったのに、うっかり赤ニキビができてしまった!なんてこと、よくありますよね。正しい予防法を実践するためにも、赤ニキビができていくまでの症状とそのメカニズムについて知っておきましょう。

 

 

赤ニキビというのはは、白ニキビ・黒ニキビがさらに悪化した状態です。つまり、すべての赤ニキビは、はじめからあの赤くてかゆい状態でできるわけではなく白ニキビや黒ニキビといった前段階を踏んでいるわけですね。

 

 

ニキビには10代にできる「思春期ニキビ」、20代以降にもできる「大人ニキビ」がありますがどちらも毛穴の詰まり・皮脂だまりによりアクネ菌が繁殖し肌に炎症を引き起こすことが原因です。

 

 

はじめの「毛穴に皮脂が詰まった状態」はいわゆるコメドとも呼ばれる白ニキビ。肌を触った時になにやらプツっとした感触を感じるくらいの状態で、この段階で毛穴詰まりを解消する事が出来れば、赤ニキビの予防にはかなり効果的。

 

 

その後、毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化してしまうと、コメド=白ニキビは黒ニキビへと変化し、肌の常在菌であるアクネ菌が増殖・炎症を起こし、ついにあの赤ニキビへと変貌していくのです。

 

皮脂分泌のメカニズム

皮脂分泌は肌にうるおいを与え保護する大切な機能。ただし、個人差がかなりありますよね。では、皮脂の分泌には一体どのような要素が関わっているのか見てみましょう。

 

 

ホルモンの影響

 

思春期には、成長ホルモンが体内でたくさん分泌されるため、合わせて皮脂の分泌も高まります。ニキビが青春のあかし、なんて言われるのはこのためなんですね。大人になってからは、皮脂分泌に加え皮膚角化に作用する、男性ホルモンの影響が加わってきます。この男性ホルモン、実は女性にも少なからず分泌されています。

 

 

また、上記2つに加えて女性に強く影響するのは、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン。このホルモンは妊娠・出産しやすい体をつくるために体温を高くしたり、水分をためこむ作用があるため今できているニキビの悪化もさせやすいのです。生理前は特にニキビが出来やすいという方は、この黄体ホルモンが大きく関わっているようです。

 

 

ストレスの影響

 

仕事が忙しかったり、職場の人間関係に悩みがあるときニキビができやすくなる経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

 

人間は、緊張・疲労や睡眠不足といったストレスを受けることで自律神経が乱れるようになります。自律神経のバランスが乱れることで、ホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌も増えてしまうのです。

 

 

自分の体で起きている事なのに、コントロールが難しそう?そう思った方も、ぜひ少しずつ普段の生活を見直して、早め早めの対策をとるようにしていきましょう。

 

更新履歴